雑記

1/8ページ

3時間のカスタマージャーニーと、旅の終わりに手に入れた2本の眼鏡

「新しい眼鏡が欲しいんだけど、このあと付き合ってくれる?」 高島屋の鼎泰豊で小籠包をほおばりながら、私が友人Mさん(年上)と、Nちゃん(年下)にこう頼んだのは、日曜の15:00過ぎ。新型コロナ騒ぎで、鼎泰豊はとてもすいていた。 今月中に眼鏡を買うことは、決めていた。 というか、新年に買うつもりだったのだ。   予算とニーズのはざま それが延び延びになっていたのは、新年に見つけた「これぞ」 […]

サポートライターが商標に登録されるまで 〜その3 それをどう活用したいか〜

こんにちは、サポートライター®の西野です。 前回は手続きのやり取りに関するお話でした。 今回が最終回、審査が通った次は登録の手続き、そしてこの後どうしよう、そんなことについて書いてみたいと思います。 その1の記事 その2の記事 果報は寝て待つ ただひたすら「待つ」、8カ月ほどの時間、何をする事も出来ずにただ待っていました。 手続きが始まったのが平成30年の10月ごろ、連絡が来たのは令和元年の9月末 […]

令和2年に振り返る「平成フィナーレ 24時間耐久カラオケ」企画者による全記録

今日は2020年2月22日。 あっという間に令和元年の7か月が過ぎ去り、令和2年も2月の下旬を迎えています。 もはや平成は遠い過去。しかしここに、平成の最後、令和になる3日前である2019年4月29日〜30日にかけて開催された「平成フィナーレ 24時間耐久カラオケ」の記録を残しておきたいと思います。 いい大人たちが、寄ってたかって、真剣に、平成を懐かしみ全身で味わった狂気の企画。本田の人生の中でも […]

サポートライターが商標に登録されるまで 〜その2 どうやって手続きをしたのか〜

こんにちは、サポートライター®の西野です。 前回は「なぜ思いついたのか」という内容でした。 その1の記事 今回は、どのような手続きを行なったかについてです。   どんな手続きが必要か 前回は、ある事務所に相談のメールを出したところまでを書きました。今回はその続きです。 まず、先方からの回答です。 どんなことを最初に行なうか、その事務所の例を挙げてくれました。   ①まず、再度キ […]

サポートライターが商標に登録されるまで 〜その1 なぜ思いついたのか〜

皆さん、こんにちは。 サポートライター®の西野と申します。 思うところがあって「サポートライター」という私の肩書きを商標登録いたしました。   なぜそんなことを思いついたのか、どうやって手続きをしたのか、それをどう活用したいか、この辺りについて、この文章を通してシェアしたいと思います。 今後、皆さんが何か思い立った時の参考にしていただければ幸いです。 今回はその1回目、「なぜ思いついたの […]

FacebookのイベントページやLINEグループでの不参加・欠席連絡は、なぜ迷惑なのか?

毒舌な兼業ライターの椿れもんです。 昨年10月以来の、お久しぶりな寄稿となりました。 ご無沙汰してしまった約3ヶ月間、本当にいろいろありまして、公私にわたってお断りせざるを得なかったことは数知れず。 悔しい思いや申し訳なさを抱えながら、伝えるべき相手に直接連絡を入れる機会が多く発生しました。 そこで今回は、そんな不参加・欠席連絡について、私の経験談を交えながらお話したいと思います。   […]

ネイル施術から学んだライターの生き残り術

こんにちは。防災ライターの南部優子です。 今日は、ネイルの小ネタ。 ちょっぴりやらかした反省と、そこからただでは起き上がらなかった学びの話をしたいと思います。 ライターが憧れたネイルの「理想と現実」 正直に白状します。 憧れていたんです、ネイル。 本を読んだり、資料をめくったり、PCを操作したりするとき、ちらっと目に入る指先がつやつやしてたら、ちょっと幸せな気分になりません? あと実用的な問題とし […]

私、○○を剥かせるとスゴイ女なんです

毒舌な兼業ライターの椿れもんです。 突然ですが、玉ねぎってどこまでが皮なのかと考えたことはありませんか? そういえば、お隣の国では「まるで皮を剥くように、次々に疑惑が暴かれるから」という理由で「タマネギ男」とあだ名をつけられた政治家さんがいますよね。 ちなみに私は、玉ねぎの場合だと、全体の半分が茶色ければ皮だとみなして剥くようにしています。 今回は、食欲の秋ということで、脱いでも全然すごくありませ […]

就活、終活、いつから始める? ~団塊ジュニアのおひとり様ライターが語る、老後を迎える前に始めておくべき「シュウカツ」の話~

WEBライターの椿れもんです。 兼業スタイルと毒舌ライティングに、時々ドキドキするようなセクシーテイストも織り交ぜながら、独自路線を突き進んでいます。   突然ですが、「ソロ活」ってご存じですか? ソロ活とは、自分ひとりで充実した時間を過ごして楽しむこと。 これまでネガティブなニュアンスで語られがちだった、「おひとり様」や「ぼっち」といった言葉とは逆に、ソロ活はひとり時間をポジティブに楽 […]

「大丈夫です」という敬語の誤用より恐ろしい、恋愛の地雷ワード「大丈夫?」

WEBライターの椿れもんです。   「最近の若者は、“大丈夫”という言葉の使い方がおかしい」 そんな風にぼやく中高年の声を、数年前からよく聞くようになりました。 たとえば、コンビニでお弁当を買って「お箸はお付けしますか?」と訊かれた時や、食べ物や飲み物のおかわりを勧められた時に、不要だと意思表示するために「大丈夫です」と答えるケースなどが該当します。   英語の No than […]

1 8