納期ラッシュなライターにこそ、手軽で気儘な投稿をお勧めしたい理由

納期ラッシュなライターにこそ、手軽で気儘な投稿をお勧めしたい理由

WEBライターの椿れもんです。

「ほんまにアンタは、お尻に火が点かんとやらへん子やなぁ!」

小学生の頃から、私は母にいつもこう言われ続けていました。
夏休みの宿題は、ご想像に違わず、いつも最後にまとめてやるタイプでした。

「今、急いでやらなければならないこと」を後回しにして、「別にそれ、今しなくてもいいよね?」ということに、つい気が向いてしまうのです。本当に困ったものだと自分でも思います。

WEBライターとして、クラウドソーシングでお仕事をさせていただくようになってからも、実は、この癖がなかなか抜けていません。

たとえば、筆が進まず煮詰まった時に、FacebookやTwitterなどに何ということはない投稿をするのって、なんであんなに楽しいのでしょうね。

そして私は、ある時ふと疑問に思ったのです。

納期の迫った記事から順に着手して仕上げていくことが、本当に正しいやり方なのでしょうか。
SNSに、どうでもいいような投稿をしてしまうのは、単なる現実逃避に過ぎないのでしょうか。

今回は、このふと浮かんだ疑問をきっかけに、私なりに考えた「納期ラッシュなライターにこそ、手軽で気儘な投稿をお勧めしたい理由」をお伝えしたいと思います。

急ぎの案件を後回しにするなんて、どうかしてるぜ!?

急ぎの案件を後回しにするなんて、社会人としてどうかしている。
先に急ぎの案件を終わらせてから、いくらでも好きなことをすればいいじゃないか。

おそらく、多くの人はそう言うでしょう。

ただ、一見すると良さそうに思われていることにも、実は落とし穴があるものです。
逆に、一般的にはダメだと思われていることが、意外とそうでもなかったりします。

ありがたいことに、実力以上にたくさんの案件を受注させていただけている私ですが、兼業ライターのため、四六時中、書くことだけに向き合うというわけにはいきません。

限られた時間(主に深夜~早朝中心)で効率よく書き進めるには、高いエネルギー値を常に安定して保っておくことが大切な鍵となります。

しかし、日々の現実に流されて、気分や調子には波があります。

抱えている複数の案件のテーマ、書きやすさ、ボリューム等にもよりますが、スラスラと書ける時もあれば、時間ばかりが過ぎ去り、一向に進まない時だってあるわけです。

そんな時、どんな順番で着手して仕上げていくかが、実はとても大事なのだということを、最近とても感じています。

真面目だからこそ陥る落とし穴

優先順位の付け方について一般的によく言われるのが、「緊急度」と「重要度」を基準にして決める方法。

緊急度と重要度の両方ともが高いものが、最も優先順位が高いという考え方です。
もちろん、書きものについても、ある程度は当てはまるでしょう。

①緊急度高・重要度高
②緊急度低・重要度高
③緊急度高・重要度低
④緊急度低・重要度低

緊急度が高いというのは、すなわち納期が迫っているということ。

一社会人として、約束の期日がある以上、間に合わせることを前提にベストを尽くすのは、当然のことですよね。

ただ、実はそこには、真面目な人が陥りがちな落とし穴があるのです。

「緊急性が低く、重要度が低いもの」は、後回しにしても影響が少ないと言えます。
問題は、「緊急性は低いけれど、重要度の高いもの」です。

これらは、急ぎではないので、ついつい後回しにしがち。

いつも目の前にある、急ぎの案件をこなすことばかりに必死になっていると、「急ぎではないけれど、本当はとても重要なこと」になかなか取りかかれません。

そのため、せっかくの成長・進化のチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

急ぎの案件をスピーディーにこなすには、エネルギー値を上げること

急ぎの案件、つまり「緊急度が高い案件」は、もちろんサッサとこなしてしまえるのに越したことはありません。

でも、期日までに間に合うなら、必ずしも真っ先に手を付けなくても良いと思いませんか?

要は、どこから手を付けようが、最終的にちゃんと間に合えば良いわけです。
そのためには、いかに1つ1つをスピーディーにこなすかが鍵になってきます。

スピーディーにこなすコツは、人それぞれいろいろあると思います。

私がおすすめするのは、好きなことをしてエネルギー値を上げること。

同じ人間でも、いわゆる「ノッている時」とそうでない時とでは、物事にかかる時間が随分と違うものです。

決して急ぎではないし、仕事でもない、取り立てて重要だというわけでもない。
でも、これをすると、気分がとても上がる。
誰にでも、1つや2つ、そういうものがありますよね。

そういった、「これをやると私はエネルギーが上がる!」ということを、我慢せずにやっちゃうのです。

「がんばったご褒美的に後から」ではなく、「景気づけに先に」やっちゃう、そんなイメージですね。

書きものの優先順位の付け方

書くという作業であれば、内容や納期に関わらず精密機械のようにコンスタントに、スピーディーにこなせるというライターなら、何の問題もありません。

でも、ほとんどのライターは、筆が進む時とそうでない時があり、大なり小なりムラがあるものでしょう。

何が自分のエネルギーを確実に上げてくれるのか、それをするためにかかる時間はどのくらいなのか。これを的確に知っておくことこそが、最も重要なことだと私は思っています。

そして、できれば書くことに全く関係のないことではなく、「こういうことを書いている時、私のエネルギーは一番上がる」という「鉄板の書きものネタ」であることが理想的。

そのネタを、スイッチとして脳内に装備しておくイメージです。

① まず、自分のエネルギーを確実に効果的に上げてくれる「鉄板の書きものネタ」から書き始める。

② ①を書いたことによって上がったエネルギーを追い風にして、「緊急度が高く、重要度も高い」案件をガンガンこなす。

③ 急ぎの案件がきれいに片付いたタイミングで、「緊急度が高いけれど、重要度は低い」案件に着手する。

④ ③によって落ちたエネルギーを取り戻すべく、再び①に没頭することでエネルギー値を高める。

⑤ 「緊急度や重要度は高くないけれど、やっておいて損はないこと」にも取り組む。

この順番で優先順位を付けるのがお勧めです。

 

まとめ:気儘な投稿は、エネルギーを高めてくれるエナジードリンク

私にとっては、Facebookの気儘な投稿が、まさに①にあたります。
人によると思いますが、短文・匿名性を考えるなら、Twitterもピッタリでしょうね。

気軽に簡単に書けるものであればあるほど、効果が高いはずです。

どんなに好きなことでも、落ち気味のエネルギー上げようとしている時に、難しいことをやろうとするのは大変なもの。

だから、納期の迫った案件が残っているのに、気軽に気儘な投稿ができるSNSに連続投稿するのは、決して単なる現実逃避や無駄なことではないのです。

自分にとって、いつどんな時でも確実にエネルギーを高めてくれる「エナジードリンク」のような、気儘に投稿できる「鉄板の書きものネタ」を持っておくこと。

これこそが、納期ラッシュを楽しく効率的に乗り切るコツだと、私は思っています。
もちろん、このベストライターズCaféも、大切なエナジードリンクの1つです。

 

The following two tabs change content below.
椿れもん

椿れもん

ライティングを学んで3年、2018年秋から兼業ライターとして活動を始めました。 それ以前は、10代、20代の頃に詩歌集を自費出版、30代では共同出版の経験があります。また、起業家コミュニティで11年間、メルマガ編集責任者をしています。