新しい相棒決定!「実用性」か「遊び」か、元ディーラーのライターが選んだクルマとは

新しい相棒決定!「実用性」か「遊び」か、元ディーラーのライターが選んだクルマとは

こんにちは、ライターのコータローです。

ずっとIT関連の仕事をしているのですが、実は過去にディーラー(自動車販売)の仕事をしていた時期があります。ノルマに追われながら、必死で車を売っていました。

車は今も好きなので、そのディーラー時代の経験談を織り交ぜつつ、今後は車ネタもちょこちょこ書いていきたいなと思っております。車好きの方もそうでない方も、暇つぶしに読んでいただければ嬉しいです。

去年の年末に大阪から九州まで、車で旅をしました。

若者の車離れが叫ばれて久しい昨今ですが、車に乗って旅をしたり、好きな音楽を聴きながらドライブするのはやっぱり最高ですね。

では早速、車の話に入りたいと思います。

爆発的な売れ行き、異例の納車1年待ち

実は少し前に、思い切ってとある車を購入しました。

2018年7月に発売されたその車が、爆発的な売れ行きを見せています。

納車までおよそ1年待ちの状態で、販売されてからおよそ1ヶ月弱で年間目標の3分の1以上の販売実績をあげました。

店頭からカタログが一瞬で消え、何処に行っても在庫がなく入手困難な状態になりました。

驚くことに、本来ならば無料で配布されるカタログがメルカリやヤフオクで売られていて、ちゃんと落札されていました。

僕が新しい相棒として選んだ、売れに売れまくっているその車とは…

スズキの「新型ジムニー JB64」です。

しかもMT(ミッション)車をチョイス、渋い!

新しい相棒、新型ジムニーJB64

原点回帰の四角いデザイン

先代のJB23は少し丸みを帯びたデザインでしたが、原点回帰ということで、新型は初代に近い、角ばったデザインに戻りました。

この角ばったスクエアなデザインが僕の好みドンピシャで、初めて外観を見たときに、一目惚れしてしまいました。

待ちに待った発売日、仕事が終わってからスズキのディーラーへ展示車を見に行きました。

うーん、めちゃくちゃカッコいい。

初めて実車を見て、さらに惚れ直しました。

フルフラットシート

購入の決め手となったのが、この新型からシートをフルフラットに出来るようになったことです。

(フルフラット:シートを倒して、概ね平らな状態に出来ること)

フルフラットになるということは即ち、車中泊が出来るということ。旅をしたり、キャンプに行くことが多い僕にはこれは非常に大きなポイントでした。

夢が広がります。

ただ、そこそこ身長が高い僕は、足を伸ばして寝ることが出来るのか心配でした。

事前に下調べをして、「身長170cmの人は車内で寝ることが可能」しかし、「190cmの人は足を伸ばして寝るのは不可能」という情報は得ていました。

僕の身長は、その間の180cm。

寝れるかどうか、ディーラーの展示車で試させてもらうことにしました。

シートをフルフラットの状態にしてもらい「ちょっと寝てみていいですか?」と確認してドキドキしながら横になってみると・・・

「テトリスかよ!」

と、思わずツッコみたくなるくらいピッタリと納まったではありませんか。

その瞬間「よし、買おう!」と購入することを決めました。

「実用性」か「遊び」か

これまでは、ディーラー時代に購入したト〇タのプリ〇スに乗っていました。

(通称:赤プリちゃん ボディーカラーが赤色のため)

買える車種が限られていたため、選択の余地はあまりありませんでした。

赤プリちゃんはよく走るし、燃費もめちゃくちゃ良くて、本当に優等生といった感じでした。ずっと、国内新車販売台数の上位を争っている車種なので、そこらじゅうで走っている、という点を除いては、正直、何一つ不満はありません。

しかも、実はまだ買って1年ちょっとしか経ってないんです。

不便さで比べると圧倒的にジムニーの方が不便な点は多い。
軽自動車の割に、重量があるので燃費はよくない。

後部座席は狭く、大人4人での長距離ドライブはある意味罰ゲームと言って良いでしょう。

ラゲッジスペース(荷室)はゴルフバッグどころか、ゴルフクラブ数本ほどしか積むスペースがありません。

それに、何と言ってもいまどき2ドアですよ、2ドア。

(大事なことなので2回言いました)

後部座席に乗り込むときに、助手席のシートを前に倒して乗りこむ、あれです。

このように、使いにくいところも多く、はっきり言って乗る人を選ぶ車です。

では、何故わざわざジムニーに乗り換えるのか・・・?

「自分の店で扱ってる車(T社)じゃなきゃダメ」

「クルマ通勤なので燃費が良くないとダメ」

「営業活動しやすいクルマじゃないとダメ」

ディーラーを辞めて、こういった縛りがなくなった今「乗っていて楽しいクルマが欲しい」というのが僕の正直な気持ちでした。

車に対する価値観は人それぞれです。

僕が車に求めるのは、“単なる移動手段”としての使いやすさではなく、”走る楽しさ”や”わくわく感”です。

何でもそつなくこなす優等生よりも、尖った個性を持つオンリーワンの存在の方が僕は好きです。

 

それが、僕がジムニーを選んだ理由です。

(いや、赤プリちゃんも胸を張ってオススメできる良い車ですよ、本当に!好みの問題ですから)

まとめ

さて、肝心の乗り心地は、と言いたいところですが、残念ながらまだ納車待ちの状態なんです。注文したのが、7月中旬ですが、11月頭になってもまだ納車されず。

(聞いてはいたけど、本当に遅い!)

先日ディーラーに確認したら「早くてもあと1~2カ月はかかりそう」とのことでした。

早くジムニーでキャンプに行きたいので、真冬になるまでには来て欲しいのですが、焦ってどうにかなるわけでもありません。

しばらくはキリンさんのように、首を長ーくして待つしかありません。

また、納車されたら、走行インプレッションなど書きたいと思います。

(おしまい)

The following two tabs change content below.
コータロー

コータロー

静かな情熱を秘める、IT系ライター。読書好きなインドア派のように見えて、実は趣味はアクティブ。フルマラソンを15回完走している。