篠原たけし

2/2ページ

社会派ライターの新世界今昔。新しい世界の中心で夫婦関係に大切なことを学ぶ!

唐突ですが、夫婦関係はうまくいっていますか? ちょっとした行き違いから関係がこじれるということもありますよね。 この関係をこじらせないために必要なことを、大阪の観光地「新世界」から教わってきました! 大阪の新世界とは 大阪の新世界をご存じでしょうか。通天閣のふもとにある繁華街です。 かつては、日雇い労働者の街として、カップルや家族連れなどを寄せ付けない雰囲気でした。 動物園の西側の入口に面している […]

社会派ライターの気付き。こころが疲れたら普段着でショッピングモールに行け!

最近、忙しくないですか。 忙しいだけならまだしも、ちょっと疲れていませんか。こころが。 それで、ちょっと飲みに行きました。 運悪く、どこも満員で、やっとの思いで入れたのは、お客がほぼいない居酒屋でした。なんでこんなに客がいないのかと、不思議でした。 そこで、はたと気づいたのは、他の居酒屋より照明が明るいこと。 ガラガラが丸見え。 明るすぎて、なぜか「まるでショッピングモールみたい」と思いました。 […]

震災後7年。ライターが気仙沼を訪れて知った「震災復興」

最近、自然の猛威を感じることが多くなってきました。地震、豪雨、台風。想定を超えるような被害を受けています。 被害を受けたら復旧あるいは復興を目指すということになります。 復旧は元に戻すことです。じゃあ、復興とは何でしょうか。 災害のあとの生活ってどう考えればよいのでしょうか。そんな疑問を胸に、東日本大震災の被災地の一つである気仙沼を訪問してみました。 人間による復興と、自然の猛威を知る 東日本大震 […]

アラフィフ(50代)ライターが振り返る、半人前だった自分を親にしてくれた街

おすすめ!→この話につながるエピソードはこちら 出張で淡路島へ行くことが多いんです。 淡路島へ行くときと帰るときに、必ず、淡路サービスエリアに立ち寄ります。そしてこの世界一の橋を眺めています。いや、対岸の街を必ず眺めています。 この橋ができる一年前に結婚し、この橋のたもとの街に住んだのです。 半人前の結婚 10年間のお付き合いを経て、結婚しました。 一緒に住むようになった次の日の朝、横に嫁さんがい […]

出生のルーツを知らないライターが、ふるさとを探しに愛媛県へ行った話

ふるさとの世界デビュー ビッグニュースが飛び込んできました。母親のふるさとが世界遺産に登録されたのです。 世界遺産の名前は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」といいます。 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 母親は、長崎の「黒島」という島の出身です。黒島は、当時禁教だったキリスト教の信者たちが迫害から逃れるために渡った島という言い伝えが残っています。 「黒島」という名前も、十字架を表す「 […]

飲み屋で大切なのは、夜より朝? 社会派ライターの見る、朝の北新地

朝、梅田の地下街から曽根崎方面へ 朝、大阪の梅田駅から淀屋橋駅まで歩いている。 地下鉄に乗れば一駅、2分で済むところを歩いている。そのために若干早起きもしている。面白いからだ。 何が面白いかというと、地下街をずっと歩いていくのだが、ほとんどのお店が閉まっているので、いつもよりちょっと薄暗い。 営業中、ここまで照明を落とすことがないので、いつもと違う雰囲気になる。いつもと違う地下街を歩くのは楽しい。 […]

小豆島の絶景。副業ライターが夕日から教わった大切なこととは?

小豆島へ出張。絶景との思わぬ出会い 先日、出張で小豆島へ行ってきました。今どきはすごいですね。船にもコンセントにwifiですよ。ビジネスマンに対する船会社の心遣いもありがたく、出張のレポートをまとめていました。 レポートに詰まって、ふと目を外にやると、素晴らしい夕焼けじゃないですか! レポートの手を止めました。 スマホを充電器から外して(コンセント、ほんとありがとうございます)、反対の客席に移動。 […]