何とか乗り切った!? 新人副業ライターが失敗してきた、5つのこと

何とか乗り切った!? 新人副業ライターが失敗してきた、5つのこと

こんにちは!新人ライターの林小夏です。

副業ライターを始めて、はや8ヶ月経ちました。ライターとしては、そろそろ「新人」という枠が外れるタイミングだそうです。まだまだ未熟さと戦っていますが、その中でも、副業ライターになって失敗したことを5つご紹介したいと思います。

・時間の見通しの甘さ
・苦手と得意の不明瞭
・週末リフレッシュとのジレンマ
・体調管理
・習慣化で乗り切るまでが一番辛い

今から副業ライター始めてみようかなと思っている方は、ぜひ反面教師にしてくださいね。

 

作成時間はライティング前後が肝

案件を受ける上で大切なのが、「ライティングにどれくらい時間がかかるか」という見通し。まずは”1時間に書ける文字数”をわかっていないと、受託出来るか見分けがつきません。

そんな時、執筆時間だけで考えてしまうのは厳禁。

ライティングは文章を書くだけではなく、「事前に調べる」「一度書いた文章を推敲する」などの過程があります。このライティングの前後の時間も含めて、「記事にかける時間」になります。

かくいう私も初めの頃は、前後時間の誤算でてんやわんや。ネタさえ揃っていれば書けるところを、ネタ集めにかかる時間につまづいていました。

同じように文書構成を考える時間、写真を準備する時間、遂行する時間など記事作成にはいろんな関門があります。

新人さんは記事構工程という観点から、時間を図るようにしましょう。

私の場合、情報収集:執筆:推敲=1:2:3を心がけています。

 

週末リフレッシュのジレンマ

副業を行うと、会社で過ごす以外の時間を副業に当てなければなりません。

みなさんは休日はどのように過ごされていますか。

副業を行うとリフレッシュや休息に使っていた時間も、仕事モードに当てるようになります。空き時間を全て副業につぎ込む人もいますが、気持ちのリフレッシュが必要なタイプはちょっと困りものです。

休息なしの副業では、普段のストレスが解消されずに、イライラが貯まる一方。かといってライティング時間を少なくすると、自分の首を占める羽目になります。

特に馴れていない新人ライターは、ライティングストレスが思った以上にかかります。

そんな時はリセットタイムを作るのはいかがでしょう。

私は趣味を利用して、土曜日の午前中はヨガタイムと決めてリラックス。そのあとにライティングを行うようにしていきました。

繰り返すうちに慣れてきて、パソコンに向かう気持ちも楽になります。
気分転換サイクルがあると、副業ジレンマもうまくコントロールできそうですね。

 

苦手と得意の不明瞭

ライターといっても、様々な作業があります。

執筆のほかにも取材、録音の書き起こし、文書構成、要約、情報収集などなど。これら一通りできて「ライター業」です。思った以上に幅広いスキルが必要ですよね。

副業といっても、スキルをあげるには時間がかります。

まして誰しも得手不得手があるものです。

初めの頃は何が苦手かわかっていなかったので、がむしゃらに案件を受けていましたが、馴れてくるとやりやすい案件と、そうでない案件が見えてきます。

得意分野が見えれば、それに向けて受注を増やすチャンスです。逆に苦手な案件は控えることができると、継続しやすくなります。

苦手を全くスルーできることは難しいかもしれませんが、自分の特徴をつかんでサクサクっとライティングしたいですね。

 

サスティナブルな体力調整

副業を行なった途端、体調を崩しやすくなった…ってことはありませんか?

私はライターを始めてから、10年来引かなかった風邪を2回もひき、寝込んでしまいました。

その頃は締め切りに追われていたので、大失態。
副業を頑張るあまり、体力が追いつかなくなってしまったのです。

平日も頑張ろうと夜遅くに執筆し、休日も休む時間を割いたために、ついにキャパオーバー。できると思った案件も、これではうまく回りません。

副業を行うのに、早朝や深夜まで時間をかける人がいますが、体力は個人差があります。自分のライティングペースをつかんで、長く続く「サスティナブルな副業生活」を手に入れましょう。

 

習慣化でライティングを継続

憧れのライターでしたが、始めて間もない頃が、一番辛かった気がします。
孤独だし、失敗ばかりするし、今まで通り休日に遊べる時間が減ってしまいイライラ…。

その辛さも習慣化するまで!

慣れるまでが一番辛いですが、裏を返せば習慣化してしまうと取り組みやすくなります。

個人的に挫折ポイントは初めの1ヶ月。気持ちが辛くなった時は、ライター仲間とお話ししたり、コミュニティーに入って相談すると、少し気が楽になりますよ。

ツイッターなどのSNSでは、たくさんのライターさんが活躍しています。みんな悩みは大きく変わらないはず。元気をくれそうな先輩ライターさんをどんどんフォローして、感化されましょう。

マラソンのランニングハイのように、ライティングも書くことが楽しいと感じる「ライティングハイ」を味わえるといいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
新人と看板を引っさげて、いろいろやらかしてきました(いまもそうですが)。

もともとマイペースなので、よくここまで続けてきたものです。こんな私でも継続をしたことで、少しずつ収入も得て、執筆依頼も増えてきています。

大手企業がどんどん副業を認め、「個の時代」と呼ばれています。まずは副業として、チャレンジしてはいかがでしょうか。

 

 

The following two tabs change content below.
林小夏

林小夏

短めの500字〜2000字でシンプルにまとめる文章力が強み。地域市民ライターからスタートしたので、ローカル系・暮らしに関わる分野が得意です。2016年〜2017年ローカルWEBニュース市民ライター。2019年5月よりWEBライターとして活動再開。パラレルキャリアをめざして、奮闘中。