2020年5月、平日も自粛の日々  〜ウィズコロナの片隅で〜 ライター林小夏

2020年5月、平日も自粛の日々  〜ウィズコロナの片隅で〜 ライター林小夏

コロナ自粛でちっとも楽しめないGWを過ごされている方も、多いのではないでしょうか。

と思えば、新しい挑戦をして「案外大忙し」なんていう人も、チラホラ見かけます。

 

新緑の5月。

いつもなら心地よい気温で、人の動きも活発になり、お外遊びが楽しくなる季節です。今年は「おうちから」コロナについて思うこと、第2弾を書きたいと思います。

 

#Stayhome でみんな立ち止まる時期

コロナ問題で、いろんな価値観が入れ替わり、今後の方向性を考え直す人が出てくると思います。

かくゆう私もそのひとり。「おうち時間」が増えたことで、今まで無理をしていた活動や働き方、組織への違和感が、否応なく表面化してきました。

今までなんとなく気になっていたことが、この緊急時に明確に現れたので、心の中に嵐が吹き荒れます。

そんなタイミングでも、今はみんな一緒に立ち止まっているから大丈夫。自分が今後向かっていきたい方向性を、じっくり探せる時間だと思います。

とはいえ、誰も経験したことのない世界で、掴みようのない「不安感」がどこからともなく、寄せたり引いたりしています。不安というものは、焦点を当てると大きく膨らむので、そこは冷静に。

私も飲み込まれないように、平常心を保つようにしたいです。

 

 

不安感を表す品薄

人の心理なのか、何かがルーティンで品薄になっているようです。

今度は「小麦粉」。

さっそく政府が、「十分な在庫があるから、買い占めしないように」と伝えている報道を見ました。というか、そのニュースを聞いて、品薄を知ったので、相変わらず情報のスピードについていけてません。

不安感があると、何かに頼ってしまいたくなるのでしょうか。おそらく、ターゲットを変えて順番に品薄になっては、ネットで高額で取引される、SNSで拡散、というループを繰り返される気がします。

毎日ニュースで流れる、コロナの感染者数と世界のディストピア感。

「きっとすぐに元どおりになるさ」

という淡い期待をぶち壊すかのような報道に、暗い未来を想像してしまいがちですが、自分の心までかき乱されては、たまったもんじゃありません。

 

私はネットで知りたい情報を選ぶようにしています。今は情報に触れすぎると毒ですね。
この世間に辛くなったら、少し情報から離れるといいかもしれません。

 

先読みできない未来を副業でカバーする

今後の世の中が、どうゆう方向性に動くかわからなくなってしまいました。安定していると思っていた本職の業界も、結構なダメージを受け、早々に減給。

自粛期間が続くと、どうなることやらと心配です。

そんな生活の基盤にヒビが入った時でも、副業をしているだけで、ずいぶんと心が救われました。

副業では大した金額を稼いでいないですが、「会社とは別の稼ぎ口がある」「この分野で伸ばすと、今後に繋がりそう」という希望感が、このコロナ問題を前向きに捉えさせてくれます。

もしこれが、会社一本だったら….。

会社の経営状態に振り回されて、せっかくの「立ち止まり」期間も、不安感ばかり募っていたでしょう。

今回のコロナ騒動で、一つの分野だけに頼り切ることのリスクを体感しました。副業やパラレルキャリアは、人生のリスクヘッジとして、今後もっともっと増えていくのではないでしょうか。

 

副業は自分の価値観を浮き彫りにする

心の支えになった副業ライターですが、私の場合は課題多し。
この自粛期間中に、早くも行き詰まりを感じていました。

クラウドソーシングでの受注なので、大きく仕事は減りませんが、最近少し途絶え気味。タイミングが遅れて、クライアントからの依頼もヘリ、手持ちの仕事がぴったりと止まったタイミングがありました。

 

「どうしよう。ライターでも食っていけないのだろうか…」

 

その少し前に書いた、自分の「ライタープロフィール」。ライターとしてやりたいことを書いたのに、それをできる案件にちっとも引っかからずにいたのです。

そんな時、ライター先輩に相談すると「ターゲットが絞れていないんじゃない?」ということに。ライターをするにあたり、『誰に』という具体的なイメージが、自分でイメージできていなかった。その点を指摘されたのです。

副業をすると、会社員では考えていなかった自分の価値観を、深掘りする機会が増えてきます。

そして「なるほどな〜」なんて、ゆっくり考える時間があるのも、自粛のいいところです。

 

いつもより俯瞰してみる。
副業でも本業でも、自分が持っている価値観と社会を照らし合わせる時間になりそうです。

 

ウィズコロナに必要なのは「 ぼっち力」スキル

ひとりで過ごすことができる能力を、「ぼっち力が高い」と言います。

自粛期間に、メンタルが弱くなる人、独り身で家族が近くにいない人は、「ぼっち力」を鍛えてはいかがでしょうか。

今後目に見えないコロナと長期間付き合っていく上で、ヒトとの距離感が遠くなると言われています。

そんな時に必要なのが、一人で過ごして、挑戦できて、楽しめるスキルでしょう。そうすることで、不安感に飲み込まれずに過ごせます。この時間を有効に使えた人が、アフターコロナにも有利なはずです。

 

ぼっち力を鍛える方法の一つが、「副業」だと思います。

副業スキルを身につけるためには、時間と労力が必要です。もくもくと作業できる今が、最適じゃないでしょうか。自分の興味のあることを副業にすれば、どんどんハマって、いつの間にか時間の使い方が変わってくるかもしれません。

 

私も副業ライターをしていたおかげで、もともと週末自粛していたようなものです。なので、自粛になったときに、すんなりと移行できました。

また副業グループに入っておくと、本業とは別で、いろんな情報や知識が共有されます。堅苦しい業界で働いているのに、自粛生活に向けて率先して対応できたのは、オンラインの機会が多かった副業のおかげだと思っています。

焦らなくても、今はみんな一斉に立ち止まる時期です。そんな時に「暇だ〜」と過ごすより、「まとまった時間だから!」と切り替えできると強いですよね。

まずはテレビを消して、今まで気になっていたことを、片っ端から挑戦してはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は「立ち止まる」をテーマに書きました。世界がひっくり変わるのか、変わらないのか、まだまだわからないですが、一つ言えるのは「みんな一緒に立ち止まっていること」。

退屈に感じるかもしれませんが、それだけいつも走り回っていたのかもしれません。

コロナで苦しんでいる人もいれば、一方で前向きに捉えて、変化している人もいます。不安にの飲み込まれるより、この期間をステップアップにしたいですよね。

 

今日も病気で苦しんでいる方、前線で戦っている方、辛い思いをされている方に祈りを捧げつつ、ウィズコロナの先を見ていきたいです。

 

 

The following two tabs change content below.
林小夏

林小夏

短めの500字〜2000字でシンプルにまとめる文章力が強み。地域市民ライターからスタートしたので、ローカル系・暮らしに関わる分野が得意です。2016年〜2017年ローカルWEBニュース市民ライター。2019年5月よりWEBライターとして活動再開。パラレルキャリアをめざして、奮闘中。