副業で稼いで自分らしく生きよう!普通の人がダブルワークで人生を豊かにするプラン

副業で稼いで自分らしく生きよう!普通の人がダブルワークで人生を豊かにするプラン

あなたは今、しあわせですか?

自分らしく生きていますか?

この問いに「はい」、と自信をもって答えられる社会人は少ないのではないだろうか。

バブル崩壊後、終身雇用など今までの生き方のよりどころだった体制は崩れ、世の中はめまぐるしく変わっていく。

負担は増えても保障は増えず、わが暮らし楽にならざり…と石川啄木のように皆嘆いている。

 

今回は、そんな人生を変えるための一つの手段として「副業」を使ったライフスタイルの再構築を提案したいと思う。

こう書くと「そんなことは一部の人間にしかできない」と突っ込まれる方もいると思うので、①普通の人が②堅実に③リスクの低い方法で稼ぐという方針で紹介していきたい。

2018年は、働き方改革と称して経団連が副業の容認を求めるなど「副業元年」と呼ばれる年だ。

これから副業を始める人間は続々と現れるだろう。

この記事を読んでくれた方が、副業で人生を再スタートしてくれたら幸いだ。

私の厳選おすすめ本

その子、発達障害ではありません IN-Childの奇跡 [ 韓昌完 ]

価格:1,620円
(2019/8/27 20:33時点)
感想(4件)

副業が人生を豊かにする理由3選

そもそも、副業はなぜ人生を豊かにするのだろうか。個人的に理由は3つ挙げられる。

お金が手に入る

お金というのは、普通の人にとって何よりの報酬であり最大のモチベーションだ。
副業を行えば、本業とは別に収入を得ることで人生に余裕を持たせることができる。

もちろん、本業の収入を超えるのは簡単ではないし、多くの人間がかなり頑張って数万円程度というのが実像だ。

しかし、本業の給料がなかなか上がらない日本では貴重な収入源である。

僕が働いている会社は、年1000円程度しか昇給しない。
給料を1万円上げようと思ったら最低10年はかかる。

しかし、副業を駆使して月3~5万程度の収益を得ているのであまり苦ではない。

会社で働くだけでは何年もかかる給料も副業なら数か月で得られるのだ。

主体的に仕事をする喜びを得られる

 普通に働いていたらなかなか得にくい「稼ぐ喜び」を、副業は与えてくれる。

自分一人で挑戦し、自分一人で成し遂げ、自分一人で稼いだお金だからだ。

企業で普通に働くだけでは、この感覚はなかなか得られない。

集団で働いている、と色々なルールやしがらみに巻き込まれ、人間関係に悩まされる。また頑張っても正当に評価されるかは上司次第…というジレンマを抱えている方は、結構多いのではないのだろうか。

そんな方こそ、副業をいますぐ始めるべきだろう。

副業では、すぐにでも一国一城の主の気分を味わえる。

様々な出会いがある

副業を始めれば、会社で働くだけでは出会えなかった人たちと出会える。

僕自身、ベストライターズCafeでこうして記事を書いているのは、副業がきっかけで講師をはじめ様々な人と出会えたからだ。

会社では関わる人間は次第に固定化されるし、取引先企業の人間なんて別に会いに行きたいわけでもないし、若手社員はドライで飲み会にも来ない…という悲哀を会社員は誰もが抱えている。

そんな方は、副業を始めて、刺激的な出会いを求めに行こう。

普通の人が副業で人生を堅実に、無難に豊かにするプランを考えてみた

ここまで読んで副業に興味をもった方は、さっそく副業を始めてみよう。

とはいえ、いきなり言われるとどうしたらいいかわからない方もいるだろう。

できるだけ多くの方が実践しやすいようなプランを考えてみたので参考にしてほしい。

テーマは堅実、無難、ノーリスクである。

まずは副業を見つける

まずは、自分が始めたい副業を決めよう。
無難に決めるなら、収益が高いと言われているものを選んで初めて見るといいだろう。

もちろん、別にやりたいことがあるならそちらを始めてもかまわない。

モチベーション的な意味で言えば、ある程度早い段階で収益になるものがいいだろう。先ほども述べたように、お金は最大のモチベーションである。

どれを選んだらいいかわからない…という方はとりあえず色々やってみるのもいい。

個人的には、自分に合っている物は比較的短期間で成果を出すことができると思っている。

僕自身、いろいろなものに手を出してほとんど挫折したが、いまやっているライター業は3か月で5万円の収益を得た。

3か月ほどやってうまくいきそうなものは続ける、いきそうにないものは止めると言った感じで、副業を選んでいこう。

無難なことを毎日一生懸命行おう

やりたい副業を選んだら、「無難なことを毎日一生懸命」行ってほしい。

アフィリエイトなら決められた間隔で必ず更新、ハンドメイド商品販売なら毎日2時間商品制作…といった具合にである。

その副業が自分に合っているか確かめるためにも、3か月は続けてほしい。

「始めたものを続ける」のが副業で一番難しいポイントだが、ここを乗り越えたら後は楽だ。3か月続けられれば、何も考えなくても体が勝手に副業に向かっている。

難しいかも…と感じる方もいるかもしれないが、よくよく考えれば「続ける」こと自体に才能は必要ではない。

副業にはお金というモチベーションもついてくるので、それを支えに頑張ろう。

もう一段階上を目指してみる

 「無難なことを毎日一生懸命」を3か月続ければ、自分に合っている副業なら一定の成果を出すことができるだろう。

ここで満足してもいいが、もっと上を目指すならやるべきことがある。

まずは、何かしらの団体に所属してみることだ。

副業はお金が絡むので、コミュニティが必ずどこかで設立されている。

僕自身「大阪ものかき隊」というライターコミュニティに所属しているし、ベストライターズCafeにもライターとして登録されている。

団体に所属すれば先達からノウハウも得られるし、仲間がいればモチベーションも上がる。

誰かに売り込みをかけるときも、「ネットでちょっとライターやってるスンダヴです…」よりも「大阪ものかき隊に所属しているスンダヴです」のほうが格好はつく。

 

プロレベルになりたいなら、専門学校に通ってみるのもいいだろう。

ただし、技術を学ぶというよりもコネを得るためである。

専門学校の講師は現場で活躍してるプロが担当していることも多く、有望な人間がいれば拾い上げたいという気持ちを常に持っている。

それにアプローチをかけることができれば、副業にはとどまらない活躍ができるかもしれない。

人生を主体的に生きよう!

上で述べた3つのプロセスを達成できれば、あなたの人生は物心両面で豊かになっているはずだ。もっと次の段階へ行くこともできるが、それにはどうしてもリスクが伴うのでここでは語らないことにする。

副業には様々なジャンルがあるし、投資費用もそこまで高くないものがほとんどなのでまずはいろいろなものに手を出してみるのも手だ。

「ランサーズ」、「クラウドワークス」などのクラウドソーシングでは、だれでも簡単にできる副業が多種多様そろっているのでおすすめできる。

副業に必要なのは1にも2にも行動力だ。
「自分の人生をもっと豊かにしたい」という方はぜひやってみよう!

私の厳選おすすめ本

The following two tabs change content below.
スンダヴ

スンダヴ

発達障害と診断され、副業による生存戦略を実行する「副業専門ライター」。発達障害、副業に関することならお任せください。