老眼の悩みについて、5名のアラフィフ・アラカンに「具体的な対処法」を教えてもらったお話

老眼の悩みについて、5名のアラフィフ・アラカンに「具体的な対処法」を教えてもらったお話

こんにちは。
兼業ライター改め週末ライターの大杉おれんじです。

私は小学校高学年で近視となり、それからずっと近視用メガネを利用しています。
高校生になってからは、ほぼ1日中ハードコンタクトレンズです。

最近、近くのものが見えにくく・・・、いえ、焦点が合わなくなりました。
おそらく老眼が始まったのでしょう。

昨今は、遠近両用コンタクトが出回るようになりました。しかも、使い捨てからハードタイプまで種類も豊富です。

近視用メガネとコンタクトで生活している私は、どうやって老眼に対応すればよいのでしょうか。

そこで、知り合い5名に具体的な対処法をお聞きしました。

仕事をバリバリしている、一流企業にお勤めの50代前半女性

若い時から近視で、10代半ばからハードコンタクトレンズを愛用しています。
外出する時はコンタクトですが、自宅では眼鏡の愛用者です。

毎日PCに向かっていまして、ここ最近、文字フォントサイズ8が認識しにくくなりました。
スマホの字も読みづらくなったので、老眼を認識しました。

家では遠近両用メガネ、仕事では近視用コンタクトと老眼鏡

早速に自宅用として遠近両用メガネを購入しました。

外出用にも遠近両用コンタクトに買おう、と思ったのですが、合いませんでした。
眼科と相談して、2~3日試したものの、ぼやける状態が改善しなかったのであきらめました。

今は、近視用コンタクトを着けて、老眼鏡をかける方法に落ち着いています。

メガネを長い時間かけていると頭が痛くなっちゃう、50代後半女性

元々、視力が良かったせいか、40代で老眼の症状が現れました。
そこからは、ずっと老眼鏡のお世話になっています。

老化で、老眼だけでなく近視にもなってしまった

私の場合、老眼の度数がどんどん進みました。事務の仕事をしているため、仕事中は老眼用メガネを手離せません。そして、50代半ばになった時、遠くのものも見えなくなっていることに気づきました。

眼科での結果は近視でした。遠近両用コンタクトを勧められたのですが、眼に入れるなんて怖いことはできません。近視用と老眼用、2つのメガネで仕事をしました。

度の強い眼鏡で頭痛が起きるようになった

メガネの併用は2年ほど続けました。
しかし、頭痛の症状が出るようになり、とうとうコンタクトを試してみる気になったのです。

友人たちにリサーチしたところ、遠近両用コンタクトはぼやけるという反対意見が大多数でした。でもメガネは頭痛の原因になります。そこで、眼科医に相談しました。

脳は、遠近両用コンタクトに慣れるまで1週間かかる

そうすると、「脳が慣れるまで1週間ほどかかるので、少なくとも1週間は我慢して装着してください」と助言されたのです。

眼科医のおっしゃる通りでした。周りが歪んで見えていましたが、1週間が過ぎたころにはハッキリと見えるようになりました。

今では、遠近両用コンタクトを快適に利用し、ほぼ一日をコンタクトで過ごしています。

若い時から近視で、コンタクトレンズを愛用している40代後半女性

小学生の時から強度の近視です。

裸眼では過ごせないので、起きている間はずっと近視用コンタクトレンズを着けています。近視用メガネももっていますが、使う時間は短いです。

すぐに老眼鏡を買ったので、あまり不便なし

40代半ばで老眼の症状がでました。職場で書類の文字が読めなくなり、すぐに老眼鏡を買いました。

そのまま今に至っています。料理や掃除など普段の生活では老眼鏡の必要がなく、近視用コンタクトで問題ありません。

幸いにも、老眼の度数が進んでいないようです。

近視用コンタクトを着けて、手元の文字を読むときだけ老眼鏡をかけるスタイルに慣れました。

手先がとても器用で手芸が大好きな60代前半女性

元々、視力は良かったです。
老眼のような症状の出始めも遅く、約2年前です。

新聞や本を読むときに焦点が合わせにくくなり、老眼鏡を買いました。

裸眼と老眼鏡と拡大鏡を使い分け

パートの仕事は清掃業なので、家事も仕事も裸眼で問題ありません。

基本的な生活は裸眼、読書は老眼鏡、趣味の手芸や彫刻では拡大鏡、この3パターンで過ごしています。

世の中とボンヤリ付き合いたいと感じている60代前半男性

元々、近視で、ずっとメガネを愛用しています。
コンタクトは利用したことがありません。

老眼になり、自然な流れで遠近両用メガネにしました。

遠近両用メガネを、あえて緩めに矯正して快適に過ごす

この遠近両用メガネは、あえて緩めに矯正しています。世の中がボンヤリ見えるため、お気に入りです。これ一つだけで、日常生活に不便を感じることはありません。

仕事の時は、視力矯正ではなくPCの文字を大きくしています。

画面も大きいサイズにしてもらいました。ですので、全てはっきり見えます。

但し、車を運転するときだけは別です。遠くに焦点を合わせた眼鏡を作っています。

まとめ

さまざまな対策法を、私なりにまとめてみました。

他の方の対処法を知ることで、自分の選択肢を増やす

教えてくれた5名に、同じ対応の方はいませんでした。

当たり前かも知れませんが、生活スタイルに合わせることが大切だと気づきました。
他の方の対処法を知ることは、選択肢を増やすという意味で参考になると思います。

老眼とは、近くだけでなく近視もすすむことである

個人的には、遠近両用コンタクトは慣れるまで1週間かかる、という情報がありがたかったです。近視は年齢に関係なく度が進む、ということも、今回改めて気づきました。

時代はどんどん流れています。アラフィフがどのように選択し対応しているか、こちらで紹介できれば幸いです。これからもアラフィフ、アラカンに特化した情報をお届けしたいです。

 

最後の最後に当たり前ですが・・・。

近くでも遠くでも、見えづらいと感じたら、面倒がらずに眼科を受診しましょう。

そして、まだまだ、もっと人生を楽しみましょう。

The following two tabs change content below.
大杉おれんじ

大杉おれんじ

お得な情報と面白いことが大好きな、大阪生まれ大阪育ちの関西人ライター。半世紀以上生きているが、自分ではまだまだ若いつもり。大きな知恵袋を持っている。